45日間南米縦断

歌手のkawoleです。ペルーからボリビア、アルゼンチン、ウルグアイを回ります。音楽を巡るお話も。

深夜のブエノスアイレス

am3:00 ブエノスアイレス

 

cant a capela。
あるアーティストの家で毎週火曜日の深夜に開催される「声だけの夜」。主催者はこちらで重要なカルチャーのマガジンを編集しているリチャードです。

 

パティオで飲んだり(こちらは1リットルの瓶ビールをみんなで回し飲み)、絵を描いたり座り込んで話したり、それぞれ自由に楽しんでいます。

 

f:id:kawolinha:20170322224146j:image

 

f:id:kawolinha:20170322224158j:image

 

f:id:kawolinha:20170322224226j:image

 

 

かなりディープな雰囲気ですが、12歳の子どもも参加。

 

f:id:kawolinha:20170322224243j:image

 

f:id:kawolinha:20170322224251j:image

 

f:id:kawolinha:20170322224345j:image


パフォーマンスは何をやってもよく、ロックやマイケル・ジャクソン、自作の詩の朗読、ビオレータ・パラやアルゼンチンサンバなど、灯りを落として深夜に聞く声は興味深い。

 

こういった誰もが声を使って表現する場所をあなたも日本で作りなさいとミリアム・ガルシアに連れられて、”通りゃんせ””赤田首里殿””ソーラン節”を歌ってきました。

 

戻ったら失われた「やまと歌」の研究をしたいのでどなたか古い歌をご存知の方がおられましたら紹介していただけるとうれしいです!

 

ブエノスアイレスでは夜を通して、まるで地下鉄のようにものすごいスピードで縦横無尽に走るバスに乗って家に帰る。

 

途中通る道では、売春婦が立ち並ぶエリア、路上で暮らす人、パコという薬物で廃人のようになって歩く人(こちらではウォーキングデッドと呼ばれる)、calleに転がるマットレスで上を向いたまま動かない若者がたくさんいて、灯りのない道を「狼の口」と呼んでいます。

 

「キッチン」ではコカインが作られ、純度の高いものを作ったあとに残る廃棄物が安く取引される「パコ」。

 

バスを待つのに危ないエリアでは、バスを待たずに次の駅まで何ブロックも歩き、常に人の流れを見ながら気配を感じて自分の身を守る。

 

メトロの駅once 30 de diciembreは、12月30日に200人が火災で亡くなったライブ会場の追悼写真で埋め尽くされていて、荒れてゴミだらけの街を注意深く歩きながら現場に祈りを置きに行く。

 

f:id:kawolinha:20170322224322j:image

 

f:id:kawolinha:20170322224327j:image 

ブエノスアイレスの光と影。
闇は深い。

シルビア・イリオンド Silvia Iriondo

7年越しの憧れ、シルビア・イリオンド。
お会いできて夢のようです!

 

f:id:kawolinha:20170322094533j:image

 

f:id:kawolinha:20170322094540j:image

 

 

たくさん話して歌いました。
素敵すぎ、
日本でぜひライブを!

ブエノスアイレスの美しい本屋

行きたかった美しい本屋El Ateneo〜コロン劇場〜タンゴ発祥の地ボカ地区。

 

f:id:kawolinha:20170321212205j:image

 

f:id:kawolinha:20170321212211j:image

 

f:id:kawolinha:20170321212220j:image

 

f:id:kawolinha:20170321212301j:image

 

f:id:kawolinha:20170321212309j:image

 

f:id:kawolinha:20170321212324j:image

 

f:id:kawolinha:20170321212416j:image

 

f:id:kawolinha:20170321212452j:image

 

f:id:kawolinha:20170321212434j:image

 

f:id:kawolinha:20170321212541j:image

 

 ブエノスアイレスに着いてから、ほとんど音楽ラボと家を行ったり来たりなので合間を縫って街歩き。

みんなが楽しむ音楽〜ブエノスアイレスの公園めぐり

Canto con caja(北部アルゼンチン)en plaza Irlanda〜

Son Jarocho(ベラクルス メキシコ)

 

カント・コン・カハの打楽器の音は心臓(大地)の鼓動。シンプルで扱いやすい楽器なので誰でも参加して、すぐに歌えるようになるのがこの音楽の素晴らしいところです。

 

f:id:kawolinha:20170320201124j:image

 

f:id:kawolinha:20170320201144j:image

 

 

アピと呼ばれる北部アルゼンチンの伝統的な紫とうもろこしの飲みものや、みんなが焼いてきたチョコレートケーキ、クッキーをつまみながら歌う太古の歌。こんなグループを日本でも作りたい。

 

f:id:kawolinha:20170320201218j:image

 

f:id:kawolinha:20170320201417j:image

 

夜はメキシコのソン・ハローチョの集まりに参加してきました。たくさんの弦楽器、動物の頭蓋骨から作られた楽器も。

 

 f:id:kawolinha:20170320201233j:image

 

f:id:kawolinha:20170320201301j:image 

 

f:id:kawolinha:20170320201319j:image

 

f:id:kawolinha:20170320201358j:image

 

ブエノスアイレス街歩き

ブエノスアイレス街歩き。


サンマルタン広場〜5月広場、カフェ・トルトーニでカフェ・コン・レチェ 53ペソ(424円)

 

f:id:kawolinha:20170320105340j:image

 

f:id:kawolinha:20170320105351j:image

 

f:id:kawolinha:20170320105448j:image

 

 f:id:kawolinha:20170320105514j:image

 

f:id:kawolinha:20170320105534j:image

 

f:id:kawolinha:20170320105606j:image 

 

f:id:kawolinha:20170320105637j:image

 

 

2時間だけですが、はじめて町をぶらぶらしました。1858年にできた最も古いカフェ、トルトーニ。


パリのドゥマゴやフロールのような、さまざまな文化人に愛された場所です。

 

それにしてもブエノスアイレスの物価の高さに泣いてます。マテ茶器は一気に300ペソ(2400円)に。ビールやワインも店で飲むと90ペソ(720円)、美味しそうなジェラートは82ペソ(656円)!日本と同じかそれ以上だ〜。

 

f:id:kawolinha:20170320105705j:image

 

f:id:kawolinha:20170320105724j:image

 

f:id:kawolinha:20170320105755j:image

 

f:id:kawolinha:20170320105835j:image

 

f:id:kawolinha:20170320105809j:image 

 

 

 

 

 

dos paisajes con ギジェルモ・リソット

dos paisajes con ギジェルモ・リソット

 

 

今年は奈良、芦屋、塩屋の3カ所です!
残席わずかの場所もありますので各会場にお問い合わせをよろしくお願いします。

 

f:id:kawolinha:20170320010445j:image

 

f:id:kawolinha:20170320010626j:image

 

4/8(土曜日)∀KIKO ART GYPSY ArtShow
古民家ギャラリーら・しい(奈良當麻)
reception 13:00/live 13:30〜15:50
予約¥3000/当日¥3500
kawole(歌と打楽器)
special guest:Guillemo Rizzotto(ギター)

 

4/9(日曜日)akubi(芦屋)

満席になりました。立ち見3席のみありです!
open19:00/start19:30 ¥3500
GuillermoRizzotto(ギター)
kawole(歌と打楽器)
藤山龍一(ギター)
IsaGuitarra(歌とギター)

food/drink:マツシタユカ、imacoco、PIRATES UPOPIA
回し飲みの本格マテ茶、アルゼンチンワインetcあります。
わたしが南米各地で集めた現地のお土産コーナーもあるかも〜

 

4/10(月曜日)旧グッゲンハイム邸(神戸塩屋)
open18:30/start19:30 ¥3500
GuillermoRizzotto(ギター)
kawole(歌と打楽器)
永見行崇(ピアノ)
竹中裕深(チェロ)

food:マキュマルンワークス フジノマキ
アルゼンチンプレート¥1000(要予約)
マテ茶、アルゼンチンワインetcあります。

 

 

どの会場も最高に楽しい夜になりそうです。北アルゼンチンで手に入れた打楽器カハは必ず持って行きます。

agua e luz CDリリースのお知らせ

この度、自身のレーベルOtrasCancionesよりCDをリリースすることになりました。

 

f:id:kawolinha:20170320005742j:image

 

f:id:kawolinha:20170320005833j:image

 

 

発売日は4/15ですが4/8.9.10のライブで先行発売の予定です。

 

直接ご予約をいただいた方にはもれなくアルゼンチンAmaicha del valleにあるパチャママ美術館の「月」「太陽」のモニュメントのポストカードいずれかをプレゼントしますのでどうぞよろしくお願いします〜(数に限りありますのでお早めに!)

 

f:id:kawolinha:20170320010205j:image

 

agua e luz「水と光」¥2000

 

1.Tonada de luna llena 満月のトナーダ
2,Carinhoso カリニョーゾ
3.Onduracao~piano interlude 波
4.E doce morrer no mar 海で死ぬのはしあわせ
5.Alfonsina y el mar アルフォンシーナと海
6.Respiracao~piano interlude 呼吸
7.Eu nao exsisto sem voce
8.見上げるとミナモ、魚になりたい
9.Romaria 巡礼
10.Oracao~piano postlude 祈り

 

kawole(歌)
永見行崇(ピアノ)
竹中裕深(チェロ)

 

recorded at 青谷音楽堂
2017年1月24日